まほろば |薮神地区地域づくり協議会・事務長ブログ

「まほろば」とは万葉集に出てくる古語で「美しく優れたよい場所」という意味です。


あなたは、スポーツしていますか?

 お年寄りは、元気ですね!!

 雪国に取って、冬場は、家に閉じこもって「こたつ」に入り、ごろりとしているのが日課となっていませんか?

 この冬季間、12月から4月まで運動もしないで、家にいると老化は進む一方ですよね!

でもこの期間に一生懸命スポーツをしている人たちもいますよ!

  この日も外は雪降りで、外に出るのも躊躇する中、元気なお年寄りは、「まほろば」に集まっています。

f:id:mahoroba-yabukami:20190218111832j:plain

 こんなに雪が降っていました。

f:id:mahoroba-yabukami:20190218112019j:plain

 駐車場には、「まほろば」来た人たちの車でいっぱいになっています。

f:id:mahoroba-yabukami:20190218112639j:plain

 室内にセットされた「グランドゴルフ教室」です。

 今日は、ホールインワンが3回出た。と喜んでいます。

 室内に障害物もセットし大変難しいですよ。

f:id:mahoroba-yabukami:20190218112913j:plain

 それでも練習を一生懸命し、よい成績を上げています。

f:id:mahoroba-yabukami:20190218113054j:plain

 この練習が、体力作りになり、ボケ防止になる最高のスポーツです。

 この体力づくりをして、雪解けとともに野菜づくりにも励んでいます。

 皆さん頑張って下さい。

みんなで楽しんだ節分祭と大抽選会!!

 去る、2月3日(日)午前10時から11時30分 薮神の「まほろば」において第9回となる節分祭と大抽選会を実施いたしました。

 当日は、晴天に恵まれ、子供たちからお年寄りまで参加していただき、今年は、記録更新か思ったら約400名で、昨年より少し参加者が少なかったようです。

 

f:id:mahoroba-yabukami:20190208102455j:plain

参加いただいた方は、会場で集落と氏名を書いた抽選くじを箱中に入れて、大抽選会を待つことになります。

抽選会の前に第1部の節分祭

ステージ上に鬼が出現し、子供たちが鬼退治をするのが始まりです。

f:id:mahoroba-yabukami:20190212105257j:plain

元気な子供たちが、「鬼は外」と豆をぶつけます。

鬼も益々暴れるので、子供たちも大勢で一生懸命ぶつけてくれます。

慣れてくると、怖いより楽しそうです。・・・・・・・

鬼退治が終わると、広間に集まったみなさんに、各行政区の区長や商工会の役員が「福の神」となり福物をたくさん撒いてくれます。

f:id:mahoroba-yabukami:20190212110718j:plain

「福は内」のかけ声とともに一斉に撒きます。

こちらにも撒いてよ!!・・・みんな袋を広げて待っています。

豆まきが終わると撒いた落花生に印がしてありまして、それを拾った人は、特別な景品が渡されることになっています。

みんな印のついた落花生をひろったかな~・・・

また、子供たちには、ジュースを渡すことになっています。

総数から残数を見れば、子ともたちの参加状況がわかります。

今年は、120名が参加しました。

f:id:mahoroba-yabukami:20190212112121j:plain

お待ちかね大抽選会です。

特賞30本、1等賞300本、2等賞50本どなたに当たるでしょう

最初に特賞から抽選してみました。

f:id:mahoroba-yabukami:20190212112614j:plain

特賞は、〇〇集落の〇〇さんです。と読み上げます。

会場のすたっぶが、はいおめでとうございますと商品券の入った封筒を渡します。

f:id:mahoroba-yabukami:20190212113025j:plain

今年は、残念賞もありまして全員が、当選となりました。

関東方面から帰省して、節分祭・大抽選会に協力していただいたみなさん大変ご苦労様でした。

また、たくさんの撒き物や抽選の品物もいただき地域の皆さんも大変喜んでいました。

f:id:mahoroba-yabukami:20190212113621j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20190212113653j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20190212113722j:plain

大変ご苦労さまでした。




 

今年も恒例の節分祭と大抽選会を実施します。

 

薮神まほろば」の冬の恒例事業

今年で9回目を迎える節分祭と大抽選会を実施しますよ~

  1、期日  2月3日(日) 午前10時~

    2、会場  薮神まほろ

第1部 豆まき

 

f:id:mahoroba-yabukami:20190129104528j:plain

子どもたちに鬼退治をして欲しい頼むと、元気な小学生が、20人くらい前に出てきて

豆をぶつけてくれます。

青鬼と赤鬼が暴れていますが、子供たちの方が元気がよくて、豆(落花生)の集中攻撃を受けています。

どちらも楽しそうです。見ている人も喜んでいます。(写真は、昨年の状況)

 

f:id:mahoroba-yabukami:20190129110847j:plain

鬼退治が終わると

  大広間で福の神(各区長・商工会役員など)が、福餅や菓子類をたくさん撒いています。

 こっちにも撒いて!!と400人の参加者から声がかかっています。

f:id:mahoroba-yabukami:20190129111427j:plain

撒く福の神(各区長)もこの時だけは楽しそうです。

みんな福をもって帰ってよ。

f:id:mahoroba-yabukami:20190129111723j:plain

毎年、関東方面に在住されている方も、故郷に帰ってきていただき福物持参し、

みなさんに分け与えています。本当にご苦労様です。

 

第2部 大抽選会

f:id:mahoroba-yabukami:20190129112237j:plain

豆まきが終わると恒例の大抽選会です。

  特賞 1000円の商品券  30本

  1等  500円の商品券  300本

  2等  300円の商品券   50本  を抽選します。

 

当選した方は、2月中に薮神地域内の指定店で利用することができます。

地域の活性化に少しでも役立てばと地域振興券にしています。

f:id:mahoroba-yabukami:20190129112808j:plain

さて、今年は、どのくらい集まってどなたが福を得るかな!!

地域外の参加者も年々増えています。皆さんの参加をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変だぁー・・薮神に巨大雹(ひょう)が降った!!

 去る10月19日(金)午後3時ごろから西山の雲が、雷雲になり、午後4時ころから30分間くらい急激に雷と

暴風となり、さらにビー玉以上の雹が降ってきた。

 路肩には、5㎝くらい積もって真っ白になった

 思わず雪まで降ったのかと思った。

 直ちに野菜がどうなったか心配で見に行ってみた。

 ◎ネギは、途中から折れている。

f:id:mahoroba-yabukami:20181025094437j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20181025094635j:plain

 ◎白菜は、周りの葉が、穴だらけで、裸にされたように  

  なっている。

f:id:mahoroba-yabukami:20181025094804j:plain

 

 

 

f:id:mahoroba-yabukami:20181025094943j:plain

 ◎野沢菜は、西風にあおられて倒れ、折れたり、穴が開

  いたりしている

f:id:mahoroba-yabukami:20181025094856j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20181025095036j:plain

 ◎里芋は、はに穴が開きどうなってしまうのか。

f:id:mahoroba-yabukami:20181025095231j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20181025095303j:plain

 それでも、大根は、土中ですから葉は、被害を受けても少しは復帰するのではないかと期待しています。

 この「ひょう被害」も、局地的で、南は、九日町集落の一部から始まり、北は、浦佐

地区の手前で被害がなくなっている。

 被害の少ない野菜は、

f:id:mahoroba-yabukami:20181025100035j:plain

 里芋の葉も穴が開いていません。場所がずれたお陰です。

f:id:mahoroba-yabukami:20181025100156j:plain

同じ薮神地区でも猫道集落から南側(六日町方面)は、全く被害がないのです。

被害集落には、ビニールハウスまで穴が開き、中の野菜まで被害を受けところもあります。

f:id:mahoroba-yabukami:20181025100517j:plain

ハウスのビニールシートを張り替えました。

大きな損害です。

 

 関連ですが、芹田集落で販売している直売所「つるりん市場」は、降雹の被害のため10月21日から10月31日まで臨時休業になりました。

 地元の野菜が、出店できなくなってしまいました。

 これを見た方、ご理解をよろしくお願いします。

 11月1日から再開しますのでよろしくお願いします。

 いつも東京方面は、湯沢、塩沢、六日町 新潟方面は、長岡、小千谷、堀之内、小出の遠方からおいでいただきありがとうございます。

 

 

 

もちつき大会無事終る

第31回薮神地区もちつき大会実施する。

 毎年、薮神小学校の稲作事業の一環として、収穫の秋に実施している「もちつき大会」、今年も10月20日(土)の午後に実施いたしました。

 小学校を事務局とし、PTA・後援会・青少年健全育成・区長会・地域づくり協議会

後山地区の代表者で実行委員会を組織し、2回ほどの会議を重ね実施方法を検討して

よし、やりましょうということになりまました。

 当日には、薮神小学校の全児童と参加される家族、PTA役員・学校協力員・青少年健全育成・地域づくり協議会から協力要請されたスタッフなど総勢350人くらいが一堂に会して、子供たちにもちつきの指導をしました。

f:id:mahoroba-yabukami:20181022114253j:plain

  臼の数も15台と体育館いっぱいになります。

 約1升のもち米を、15台の臼で一斉に突き上げます。

 業者から15臼分のもち米を一度に蒸かしていただき、運び込まれます。

 最初は、指導者でもち米をつぶし、そして、つき始めますが、ある程度のところで

子供たちに代わって、大人の指導のもともちつきをします。

f:id:mahoroba-yabukami:20181022115012j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20181022115046j:plain

あいどりが大変ですよ!   お母さん頑張っています。 上手ですよ!!!

餅が杵にふっついたりして、杵がうまく取れない。

あいどりの方から水をつけていただき、滑りをよくします。

餅がつきあがると、あんこときな粉の2種類に分けて丸めます。

f:id:mahoroba-yabukami:20181022141824j:plain

衛生管理上、ちゃんと手袋をしていますよ。

パックには、2個の餅が入り、人数分のパック入り餅ができます。

f:id:mahoroba-yabukami:20181022142057j:plain

これが終わるとみんなでいただくことになります。

つきたての餅は、とても美味しかったです。

また、一つの大きな事業が終わったかと思う一日でした。

都市と農村の交流事業で東京に行ってきました。

 去る10月14日(日)に、都市と農村の交流事業で、上野の精養軒に行き関東方面の皆さんと交流してきました。

 

 この事業は、薮神地区の一村尾で毎年9月15日に実施されている御神楽の舞を、薮神地区出身の方が、東京で財を成して、故郷を離れ東京で活躍している人たちに見せてあげたいという発想から始まったそうです。

 そのため大型の送迎バスを出してくれたり、上野の精養軒まで確保してくれたりしたそうです。

 今年で30回目になりますが、最初の発案者も世代交代し、二代目に引継ぎされましたが、年々歳を重ねるにつれて、参加者も変わってきたなあーと感じる一日でした。

f:id:mahoroba-yabukami:20181018143801j:plain

 ステージ上では、御神楽の舞が披露されていますが、テーブル上では、お酒を飲みながら仲間同士で歓談をしています。

 故郷の人も一緒に酒を酌み交わしながら「久しぶりだのう! 元気であったか。頭が薄くなった、白毛が多くなった。足腰が痛い。」とか、それぞれ懐かしみながら心境を語りあってきました。

f:id:mahoroba-yabukami:20181018144402j:plain

 今年は、1週間早く交流事業が行われたため、毎年故郷の新鮮な野菜を運び、東京の人たちに食べていただこうと即席の直売を実施していましたが、今年は、残念なことに野菜がそろわなかったため中止しました。

 東京の人たちから「なんで持ってこないの、待っていたのに」と、残念がられてしまいました。

 ただ、毎年差し上げています魚沼産コシヒカリは、今年も配布し喜ばれました。

 今年は、暑さで水田が水不足になり、枯れてしまったりして、減収になって苦慮しました。

 また、次年度もみんなが健康で会ることを楽しみにしながら故郷に帰ってきました。

 

今年の薮神地区の運動会は、!

 久しぶりにブログを再開してみました。

◎少し遅くなりましたが、薮神地区の運動会を載せてみます。

   時の流れというか、

   超少子高齢化時代というか、

     個々の考え方が変わってきたのか、

          趣味の範囲が広くなってきたのか、

 市内12地区ある中で、地区ごとに運動会をするところが少なくなってきました。

 そんな中、薮神地区は、9行政区で10チームを編成し、チーム対抗競技と誰でもが

参加できる一般競技、幼児だけの競技とか、1500mの耐久競争など多様な種目を取り入れ今年も一日やりました。

 前日の雷雨でグラウンドが心配されましたが、早朝5時30分ごろから、各行政区は、

テント張りに精を出していました。

 皆さんの気持ちが、運動会に向いてか徐々に天候が回復して、運動会日和となり

全チームそろって開会式を行うことができました。

 

f:id:mahoroba-yabukami:20181017100658j:plain

f:id:mahoroba-yabukami:20181017100750j:plain

一村尾チームの入場行進、幼児も子供も大人も、みんな楽しく!

f:id:mahoroba-yabukami:20181017101034j:plain

オリンピックの真似して、聖火のリレーもあります。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017101251j:plain

 全チームそろって開会式です。

  今年は、市長の祝辞として、南雲教育長からあいさつをいただきました。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017101521j:plain

スポーツ大会らしく選手宣誓も行います。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017101744j:plain

開会式の後は、すぐに競技に入ります。

 最初に、一般競技として 恒例の子ともたちのパン食い競走です。

  揺さぶると、うまくパンが取れないよー  子供も必死です。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017102124j:plain

子どもたちのジュース飲み競争もありますが、大人は、酒飲み競争です。

 もちろん飲酒運転防止のためノンアルコールのピールです。

   おいしくねえー と言いながら楽しくやっています。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017102438j:plain

さて、チーム対抗競技が始まりました。

  最初に 大縄跳び競争です。一チーム8人(廻しても含む)

  一生懸命跳びました。しかし1回でダメになったチームもありました。

   最高は、1回目61回、2回目32回で、猫道チームが優勝しました。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017102954j:plain

未来を担う幼児レースもあります。

 一生懸命走ってゴールで賞品をもらうことを楽しみに頑張っています。

 親も一生懸命になってしまいます。

 この後、保育園児の遊戯もあり、親子で一緒に踊っていただき、ふれあいができました。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017103431j:plain

午前の最後の方には、1500mの耐久レースがあります

  小学生の部、中学生以上の部、40才以上の部、それぞれ男女別となっています。

今年の最高タイムは、5分2秒でした。早かったね。歩いているのではないですよ。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017104039j:plain

午後の部でチーム対抗競技として「玉入れ競争」が行われました。

4mくらいの高さの小さな篭に紅白2チーム分かれて競技をしますが、15秒間は短く

なかなか入りません。

  今年は、1回目26個、2回目22個で、今町チームが優勝しました。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017104549j:plain

女性と小学生による綱引きもやりました

  女の力が、発揮され東西に分かれて競技しましたが、綱が拮抗しました。

  体重の差で、力の差でどちらかが勝ちました。

  この競技も、各チームの得点に反映されています。勝った地区が5点、負けた地区が、3点追加されます。

f:id:mahoroba-yabukami:20181017105151j:plain

今年は、最後まで総合優勝チームがわからず最後まで面白かった。

 ハラハラ、ドキドキしましたね。

 さて、最後の競技「障害物リレー、第1走者が100mピンポン球運びをし、

第2走者が100mボール転がしをし、第3・第4走者も同じことを繰り返し、第5走者が200mを全力疾走する競技です。

 風でピンポン球がスプーンから転がり落ちたり、カーブで球を思うように転がせず

苦慮している選手、ゴール寸前で転んでしまう選手、いろいろありましたが、最後に

勝ったのは、今町チームでした。

 

f:id:mahoroba-yabukami:20181017110103j:plain

 総合優勝は、今年も今町チームでした。

 3年続けて優勝すると優勝カップは、そのチームのものとなってしまいます。

 来年は、それを阻止できるでしょうか。

 

長くなりましたが、薮神地区の運動会を載せてみました。

老若男女みんながやれる競技は少ないです。

各地区とも運動会を頑張りましょう

終わった後のビールも美味しいですよ。